開いた毛穴にやってはいけないこと

毛穴が開いていると、何度も鏡を見て確認するくらい気になると思います。でも開いた毛穴にやってはいけないことがあります。

毛穴に詰まった角栓を無理やり取ることです。

パックもありますが、必要な角質まで一緒に剥がすことにもなりますので、肌が弱い人は特に気を付けないといけません。

また爪などで無理に押し出すのも、肌トラブルを招きます。毛穴に炎症を起こしやすくなり、色素沈着などの原因にもなります。

お風呂にゆっくりと浸かり、毛穴を自然に開かせて洗顔などを行うだけでも詰まりが取れることもあります。気になって無理にとっても、余計に目立ってしまうだけです。毛穴をキュッと引き締めるのは、毎日の洗顔と保湿がとても重要です。ぬるま湯で素洗いしてから、ネットなどでよく泡だててキメの細かい泡を作ります。

肌の上をコロコロと泡を転がす感じで洗います。あとは十分にすすいでから、すぐに保湿をして外に潤いを逃がさないようにすることです。これを続けていると徐々に毛穴も目立たなくなります。すぐに改善はしなくても、正しいお手入れをすることが大切です。